■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

自己破産後にアパートを借りたい人が知っておくべきこと

弁護士とパラリーガル

「自己破産後でもアパートは借りられるのか?」
「自己破産後でもアパートの入居審査には通るのか?」

「自己破産するとアパートを借りられなくなるのでは?」という質問を受けることがあります。

自己破産すると信用情報に事故情報が5年~10年程度の期間登録されるため、アパートの入居審査に落ちやすくなるのは事実です。

しかし、自己破産したからといって、絶対にアパートが借りられないわけではありません。

たとえば、自己破産後にアパートの入居審査に落ちやすいのは、信販系の賃貸保証会社を使っている物件です。

よって、信販系ではない賃貸保証会社を使っているアパートや、賃貸保証会社を使っていないアパートを探せば審査に通る可能性が高くなるでしょう。

このようにちょっとした工夫をすれば、自己破産後でもアパートを借りることはできるのです。そこで今回は、自己破産後にアパートを借りたい方が知っておくべき知識を紹介したいと思います。

アパートを借りる際に契約する賃貸保証会社とは?

まずは、アパートを借りる際に契約する賃貸保証会社(家賃保証会社)とは、どのようなものなのか説明します。

賃貸保証会社とは

「賃貸保証会社」とは、アパートやマンションといった賃貸物件の契約時に必要になる、「借り主の保証人の代わりをしてくれる会社」で、「家賃保証会社」とも呼ばれています。

借り主は賃貸保証会社に保証料を支払うことで、保証サービスを受けることができます。

保証料の相場としては、初月に家賃(月額)の50~100%程度を支払い、1年ごとに1万円程度の保証料を支払うのが一般的です。

以前は、アパートを借りる際には、家族や親戚などが保証人になるケースが多かったのですが、最近は家族関係が希薄化したこともあり、賃貸保証会社を利用するケースが増えてきました。

ただし、賃貸保証会社を使う際は審査があるため、申請したからといって必ず保証してくれるわけではありません。

また、賃貸保証会社はアパート契約時に大家さんや不動産業者から指定された業者を使うことになるため、借り主に選択権はないというのが実情です。

賃貸保証会社の役割

賃貸保証会社の役割は、家賃の滞納が発生した際、借り主の代わりに支払うことです。

また、家賃だけでなく、その他の賃貸借契約に付随した支払いを滞納した場合にも、賃貸保証会社が代わりに支払ってくれます。

ただし、賃貸保証会社が支払いを立て替えた後は、借り主に滞納分の請求を行って回収するため、滞納した家賃の支払い義務がなくなるわけではありません。

つまり、賃貸保証会社には「家賃の回収代行」という役割もあるのです。

賃貸保証会社には2つのタイプがある

賃貸保証会社には、「信販系(クレジットカード会社)の賃貸保証会社」と「通常の賃貸保証会社」の2種類があります。

まず、信販系の賃貸保証会社とは、「ジャックス」や「オリコ」といったクレジットカード会社が家賃の保証会社になっているものです。

信販系の賃貸保証会社は、アパートの入居審査時に借り主の信用情報を参照します。

「信用情報」とは貸金業者(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)と顧客の取引履歴や債務整理(借金問題を法的に解決するための手続き)した事実などが記録されたものです。

そのため、借り主が自己破産すると、5年~10年程度の期間は信用情報に事故情報として記録が残りますので、信販系の賃貸保証会社を使っているアパートの入居審査に通らない可能性が高いでしょう。

いっぽう、通常の賃貸保証会社とは、入居審査の際、信用情報を参照しない家賃の保証会社になります。

したがって、借り主が自己破産した事実を知っていることは基本的にありませんので、自己破産を理由にアパートの入居審査に通らない可能性は低くなるでしょう。

ただし、通常の賃貸保証会社の中には、「LICC(全国賃貸保証業協会)」と呼ばれる家賃滞納記録を収集、管理している団体の会員になっている会社もあるため、過去に家賃を滞納したことがある方はアパートの入居審査に通りにくくなる場合があります。

自己破産してもアパートは借りられるのか?

結論から言うと、自己破産した後でもアパートを借りることは可能です。

ただし、前述した信販系の賃貸保証会社の場合には、アパートの入居審査に通る可能性は低くなるでしょう。

自己破産はアパートの賃貸契約に直接影響しないが…

まず、自己破産したことによって、アパートの賃貸契約が結べなくなるという法律はありません。

したがって、自己破産したことが理由で、アパートの賃貸契約が結べないということは法的にはあり得ないのです。

しかし、実際には、自己破産した方がアパートの入居審査に通らないケースは多々あります。

一般的に、アパートなどの賃貸物件を借りる場合には、2つの審査を通過することが必要です。

一つめは大家さんや不動産会社、アパートの管理会社などによる審査になります。

ただし、こちらの審査では、主に「家賃をきちんと支払えるのか」、「他の住人に迷惑をかけないか」といった視点で判断されるため、よほどのことがない限りはアパートの入居審査に落ちることはないでしょう。

そして、二つめの審査が、賃貸保証会社による審査です。

賃貸保証会社によるアパートの入居審査では、信用情報や家賃滞納履歴などが細かくチェックされますので、自己破産して「ブラックリストに載った(詳しくは後述)」状態の方や、過去に家賃を滞納したことがある方は通らない可能性が高くなります。

したがって、自己破産したことによってアパートの賃貸契約が法的にできなくなることはないのですが、入居審査に影響を及ぼすため契約が結べないということになるのです。

「ブラックリストに載る」とアパートの入居審査に影響する

前述した通り、自己破産すると信用情報に5年~10年程度の期間は事故情報が登録されるため、貸金業者から新たに借入できない状態になります。

これが俗に言う、「ブラックリストに載る」という状態です。

ブラックリストに載ると具体的には、

  • クレジットカードの新規発行や利用ができなくなる
  • ローンが組めなくなる
  • 分割払い、リボ払いが利用できなくなる
  • キャッシングが利用できなくなる
  • ローンや奨学金の保証人になれなくなる

といったデメリットが発生します。

なお、信用情報は「信用情報機関」と呼ばれる、貸金業者と顧客が適正に取引できるようにするための活動を行う機関によって、収集、管理されており、会員企業は信用情報を閲覧できるようになっています。

そのため、自己破産などの債務整理を行った場合には、信用情報に事故情報が載ってしまうため、ブラックリストに載った状態の方は信販系の賃貸保証会社によるアパートの入居審査に通りづらくなってしまうのです。

ただし、自己破産して5年~10年程度の期間が経過すれば信用情報から事故情報が抹消されるため、信販系の賃貸保証会社によるアパートの入居審査にも通りやすくなります。

自己破産後にアパートを契約するコツ

自己破産した後でも、ちょっとした工夫をすることでアパートの契約ができる確率を高めることが可能です。

狙い目は公営住宅

自己破産している方は、公営住宅を狙ってみるという方法が有効です。

都道府県などが低所得者層向けに提供している公営住宅は、収入要件や抽選といった独特なルールはありますが、自己破産した後でも比較的入居しやすい物件といえるでしょう。

保証人だけでOKなアパートを探す

現在では、賃貸保証会社を使うアパートが多いのですが、保証人だけでOKな物件もまだまだあります。

そのため、親や親戚などが連帯保証人になってくれる場合には、保証人だけでOKなアパートを探すのがおすすめです。

ただし、不動産会社の中には連帯保証人と賃貸保証会社の利用をダブルで要求してくるところもありますので、申し込み時に必ず確認するようにしましょう。

不動産会社に相談してみる

不動産会社に自己破産したことを正直に話して、相談してみるというのも一つの方法になります。

基本的に不動産会社は「物件を貸してなんぼ」の商売になりますので、家賃を支払ってくれる方にはなんとかして物件を貸したいと思うものです。

そのため、すべての事情を把握したうえで、どうしたらアパートを借りられるのかアドバイスやサポートをしてくれる場合もあるでしょう。

また、自己破産したことを知っていれば、賃貸保証会社を使っていないアパートを優先的に紹介してくれるといったメリットもあります。

自己破産後でも審査に通りやすい賃貸保証会社を選ぶ

賃貸保証会社の中でも、民間系の賃貸保証会社は自己破産後でも比較的審査に通りやすい賃貸保証会社といえます。

そのため、自己破産した後にアパートを借りたい場合には、民間系の賃貸保証会社を使っている物件を選ぶとよいでしょう。

民間系の賃貸保証会社とは、

  • LICC(全国家賃保証業協会)
  • LGO(賃貸保証機構加盟系列)

に加盟している保証会社になります。

たとえば、

  • 日本セーフティー株式会社
  • 全保連株式会社
  • 株式会社リクルートフォレントインシュア
  • オリコフォレントインシュア
  • 株式会社Casa
  • 賃住保証サービス株式会社
  • 株式会社アルファー
  • フォーシーズ株式会社

といった会社です。

また、この他にも民間系の賃貸保証会社はたくさんありますので、自己破産後にアパートを借りる際には、賃貸保証会社がどこなのか必ず確認するようにしましょう。

自己破産後にアパートを借りたい人が知っておくべきことまとめ

本と虫眼鏡
  • 「賃貸保証会社」とは、アパートやマンションといった賃貸物件の契約時に必要になる借り主の保証人の代わりをしてくれる会社。「家賃保証会社」とも呼ばれる
  • 賃貸保証会社の役割は、家賃の滞納が発生した際、借り主の代わりに支払うこと
  • 賃貸保証会社には、「信販系の賃貸保証会社」と「通常の賃貸保証会社」の2種類がある
  • 自己破産すると、信販系の賃貸保証会社を使っているアパートの入居審査に通らない可能性が高い
  • 通常の賃貸保証会社を使っているアパートであれば、自己破産しても入居審査に通りやすい
  • 自己破産後にアパートを契約するコツ
    └公営住宅を狙う
    └保証人だけでOKなアパートを探す
    └不動産会社に相談してみる
    └自己破産後でも審査に通りやすい賃貸保証会社を選ぶ

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012