■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

自己破産すると海外旅行や出張に行けなくなる?

弁護士とパラリーガル

「自己破産するとパスポートが取れないっていうけど?」
「会社で海外出張になりそうなんだけど…」

自己破産した人にはパスポートが交付されないという、うわさを聞いたことがある人は多いようです。

確かに破産手続が行われている間は、旅行や引っ越しに制限がかかります。

けれども、それは破産手続中だけのことで、手続が終われば海外へも自由に行けます。

ただし、自己破産したことで海外旅行が少し不便になる点も。

旅行や出張と自己破産がどう関係するのか、このページでくわしく解説していきます。

自己破産中の旅行・出張は裁判所に申告する必要がある

カード会社(クレジットカード会社、消費者金融、銀行)に分配する財産がある場合、自己破産の手続が続いている間は、海外旅行だけでなく国内旅行、出張や引っ越しは自由にできません。

その期間はくわしくいえば、破産宣告を受けてから、借金を返す責任から免れる〈免責〉の決定がされるまでです。

破産手続中の旅行や引っ越しは、裁判所に申立を行って許可を取る必要があります。

なぜなら、破産する人が破産手続中にどこへ行ったかわからなくなると、手続が続行できなくなってしまうからです。

財産の管理と分配を担当するよう裁判所から選ばれた〈破産管財人〉が、いつでも連絡を取れるようにしておかなければいけません。

また、海外へ隠し財産を持って逃亡することを防ぐ意味合いもあります。

旅行や引っ越しなどの必要がある場合は、破産管財人の同意をもらったうえで、裁判所に許可を求めます。

ただし、裁判所によっては、破産管財人の同意があれば裁判所の許可がいらないとしていることも。

実際には代理人になっている弁護士に、行く場所と期間と緊急連絡先を伝えれば、後は弁護士が代わって手続をしてくれます。

もし勝手に旅行や引っ越しをしたときは免責が不許可となるだけでなく、破産管財人から説明を求められます。

この説明が不十分だと最悪の場合は、警察官が自宅までやって来て強制的に裁判所に出頭させられます。

自己破産手続きが完了すれば旅行・出張に制限はかからない

移動に制限がかかるのは免責が決定するまでです。

免責が決まって破産手続が終われば、どこへ旅行に行くのも引っ越しするのも自由です。

海外へ移り住んでそこで働くこともできます。

これまでと違った土地で生活や仕事を、心機一転やり直すのもいいでしょう。

パスポート取得に自己破産の影響はない

自己破産してもパスポートは問題なく発行されますし、何か特別なことが書かれることもありません。

一定の犯罪歴があるとパスポートは取得できませんが、自己破産は犯罪ではないので、まったく関係ありません。

入国審査でも拒否されることなく、普通に通過できます。

ビザが必要な国でも、発行には何も問題ありません。

安心して海外への旅に出かけてください。

アメリカに行くには少し問題が

ハワイなどアメリカ国内に行く場合は少しめんどうなことがあります。

アメリカに入国するにはESTAという入国申請が必要です。

インターネットで申請できるので行うのは簡単なのですが、問題はESTAの支払がクレジットカードだということ。

カード会社などは、お金の貸し借りについての情報を記録して各社に提供する〈信用情報機関〉に加盟しています。

自己破産などをするとその情報が信用情報機関に送られ、加盟している会社の間で共有されます。

これがよくいう〈ブラックリスト〉に載っているという状況で、載っている間は破産した人はクレジットカードを作れませんし、今持っているクレジットカードも使えなくなります。

ですが、ESTAに申請するとき使うカードは、自分のクレジットカードである必要はありません。

家族や親類のクレジットカードでも問題ありませんし、旅行代理店に依頼してもOKです。

また、デビットカードも使えます。

デビットカードとは銀行などの口座に預けている額だけが使えるカードで、使った額が使うと同時に口座から引き落とされるようになっています。

クレジットカードと違って審査がないので、破産した後でも使えます。

クレジットカードが使えないので代用品が必要

先ほども説明しましたが、自己破産するとブラックリストに載るためクレジットカードが持てません。

海外で買物をするときは現金を持ち歩くことになりますが、盗難などの不安があります。

そこで、ブラックリストでも作ることができる無審査の、海外で使えるカードを作っておきましょう。

事前に必要な金額をチャージして使えるキャッシュパスポートやマネパカードなどの海外プリペイドカード、先に書いたデビットカードなどが海外で使えます。

なお、デビットカードの中でも、Jデビットカードは国内でしか使えないので気をつけてください。

自己破産すると海外旅行や出張に行けなくなる?まとめ

本と虫眼鏡
  • 破産手続中に旅行や出張、引っ越しをする場合は、裁判所に申立をして許可を得る必要がある
  • 破産手続が終わればどこへ行くのも移り住むのも制限はかからない
  • 破産手続後はパスポートも問題なく交付され、特別なことが書かれることもない
  • 自己破産をするとクレジットカードが持てなくなるので、海外に行く場合に困ることがある
  • アメリカへ行くにはESTAという入国審査があるが、支払にカードが必要。家族などのクレジットカードを使うか、旅行代理店に依頼するか、無審査で作れるデビットカードを使うなどの対処がいる
  • 海外で現金を持ち歩くのに不安な場合は、クレジットカードに代わって無審査で作れる海外プリペイドカードやデビットカードなどが代用できる

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012