■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

自己破産をしても妻のクレジットカードはそのまま使えるのか?

弁護士とパラリーガル

「夫が自己破産すると妻にも影響してしまう…?」

「妻のクレジットカードは使えるの…? 」

自己破産をする場合に、自分だけではなく妻にも何らかの影響があるのではないかと心配れる方が多いですが、なかでも特に心配されることは、

妻のクレジットカードが使えなくなるのでは?

ということについてです。

ネット通販だけでなく、今や公共料金の支払いまでクレジットカードでの支払いが可能となり、サービスによってはポイントがつくなど特典も多いため、家計を任せている妻もクレジットカードをよく使っている、というご家庭も多いでしょう。

結論からいうと、妻がブラックリストに入っていなければ妻のクレジットカードは使用することは可能です。

それでは、自己破産を行った場合に妻のクレジットカード利用にどう影響するのか、ここでは説明していきます。

ブラックリストとは

実は、「ブラックリスト」と呼ばれるリストが実際に存在するわけではありません。

では、どういったものをブラックリストと呼ぶかというと、クレジットカードを作ったり借金をしたりした場合に、あなたの情報が「信用情報機関」というところに登録されます。

これだけでなく、支払いが遅れたり自己破産したりした場合などの情報も「事故情報」として「信用情報機関」へ登録されます。

この「事故情報」として登録された状態を「ブラックリストに載る」と呼んでいるのです。

もしこのブラックリストに登録されてしまうと、返済能力はほとんど信用されなくなってしまうため、新規でクレジットカードを発行しようとしても審査に落ちてしまったり、住宅や車を購入する際にローンが組めなくなったりしてしまいます。

また、ブラックリストに一度でも登録されてしまうと、信用情報機関にもよりますが最長で約10年間は事故情報が登録されたままとなることから、その間はほぼ新規のクレジットカード発行やローンを組むことができなくなってしまうため、注意をしてください。

妻本人名義のクレジットカードなら使用可能

原則として、既に妻名義で発行されているカードに影響はありません。

なぜなら、クレジットカードの利用状況や信用情報は、名義本人の情報のみ登録されるため、夫であるあなたと妻がそれぞれ別名義でクレジットカードを持っていた場合、あなたが自己破産をしたとしても妻の信用情報までブラックリストに載るわけではないため、クレジットカードが利用できなくなることはありません。

ただ、妻が新しくクレジットカードを作る際、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)が「信用情報機関」に照会をかけるため、ここで「同居している方のなかに自己破産者の夫がいる」という情報が判明することから、カード会社によっては審査が厳しくて通らない可能性もないわけではありませんが、基本的に信用情報に事故情報のない方(この場合は妻)の審査が通らないというケースはほとんどありません。

妻が家族カードを使用している場合は要注意

もし、妻が使用しているカードが家族カードの場合、あなたが自己破産してしまうと使用できなくなってしまう可能性があります。

なぜなら、クレジットカードの契約者自身が自己破産してしまうことで、関連する家族カードの利用もすべて停止されてしまうためです。

家族カードとは

クレジットカードの契約者本人だけでなく、その家族もクレジットカードをつくることができるサービスのことを言います。

契約者本人に安定した収入があれば利用でき、家族カードの支払いは契約者本人の口座からまとめて引き落とされます。

契約者本人名義のカードを「親カード」、それ以外の家族名義のカードを「子カード」ともいいます。

家族カードは親カードの名義者の信用情報が重要

あなた名義で発行されたクレジットカードの家族カードを妻が持っていた場合にあなたが自己破産をしてしまうと、家族カード全体の支払いができないということになってしまうため、妻の家族カードも使用できなくなってしまいます。

ですが、妻の名義で発行されているクレジットカードの家族カードをあなたが使っていた場合にあなたが自己破産したとしても、妻はそのままクレジットカードが使用できます。

この場合、ブラックリストに載るのはあなたに関する事故情報のみであり、親カードの名義者である妻の情報がブラックリストに載るわけではないためです。

まとめ

本と虫眼鏡

原則として信用情報は名義人本人に対して蓄積されていくため、たとえ夫が自己破産をしたとしても、妻名義で既に発行されたクレジットカードはそのまま利用できます。

注意が必要なケースとしては夫名義の家族カードを妻が使用している場合で、夫が自己破産してしまうと利用できなくなってしまう可能性が考えられます。

ですが、クレジットカードは名義者が誰であるかが重要であり、たとえ夫が自己破産をおこなったからといって、家族名義のクレジットカードが使用停止となったり、新規で作成ができなくなったりするわけではありません。

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012