■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

個人再生をしても携帯電話・スマホはそのまま使用できるのか?

弁護士とパラリーガル

「個人再生をすると、携帯電話やスマホを使えなくなることはあるのか?」

「個人再生をしてもスマホに影響はないのか?」

個人再生をすると携帯電話やスマホがそのまま使えるのか、気になっている方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

携帯電話やスマホは今や生活必需品になっているため、個人再生をして使えなくなったり、使えなくなることで個人再生をしたことが周りに知られてしまうのも避けたいですよね。

では、個人再生をすると携帯電話やスマホはそのまま使用できるのでしょうか。

個人再生をすると携帯電話やスマホはどうなる?

個人再生をすると、携帯電話やスマホにどんな影響があるのでしょうか。

携帯電話やスマホは何気なく料金を支払っていることも多いですが、多くは

・携帯電話の使用料金

・携帯電話の端末代(分割で)

を支払っています。端末代を最初に一括で支払う場合もありますが、最新機種などは料金も高いので、2年などかけて分割で支払うのが一般的です。

このうち、使用料金については借金やローンとは関係がないのでそのまま支払うことができます。

しかし、端末代については月々返済していくローンと同じ扱いになるので、支払いが終わっていない場合は個人再生の対象になってしまいます。

この場合、基本的には個人再生をすることで端末代が整理対象になるので、端末が利用できなくなってしまいます。

ただ、残りの金額が数千円で、あと1~2か月で支払いが終わるような場合、弁護士によっては裁判所に交渉して使えるように掛け合ってくれることもあります。

本来なら、個人再生においては「債権者(カード会社や銀行、ローン会社など)を平等に扱わなければならない」ということが決められていて、特定の債権者だけに返済をすることは禁止されています。

特定の借金やローンだけ返済するということは、他のローン会社は回収できる金額が減ってしまい、不公平になってしまいますよね。

それをなくすために、特定の借金やローンだけ返済することは禁止されています。

しかし携帯電話は借金やローンという見方以外にも、生活必需品という見方もできます。

生活必需品は個人再生や自己破産などの債務整理をしても取り上げられない、ということが決められているので、弁護士によっては裁判所に交渉して、そのまま使えるようにしてくれる場合もあります。

特に仕事でどうしても使う場合などは、仕事に支障が出てしまうため、多少端末代が残っていても、そのまま使用できるように考慮してもらえることがあります。

このあたりは弁護士によっても対応が違うので、債務整理に強い弁護士や、対応してくれる弁護士を選ぶことが大切になります。

使用料金を滞納している場合は要注意

端末代の支払いが終わっていれば、使用料金はそのまま支払うことができるので、携帯電話もそのまま使用することができますが、使用料金を滞納している場合は事情が変わってきます。

使用料金を滞納している場合、それは借金をしているのと変わらなくなり、個人再生の対象になってしまいます。

個人再生の対象になると、使用料金の滞納を踏み倒してしまうことになるので、強制的に解約となる場合が多く、携帯電話は使えなくなってしまいます。

特に、最近ではネットでのお買い物などを使用料金と一緒に支払うこともできますし、ゲームの課金や漫画のレンタルなど、使用料金と一緒に支払うことにしていると、気がついたら金額が大きくなっている場合もあります。

ただ、携帯電話の使用料は、滞納している場合どのみち数カ月で強制解約となってしまいます。

使用料の滞納で強制解約となった場合、携帯電話会社間が共有している「TCA」というネットワークでその情報が共有されてしまいます。

ブラックリストとは違い、携帯ブラックと呼ばれることもあります。

そのため、滞納の情報がこの携帯ブラックに残ったままだと、強制解約後に新規で契約するのが難しくなります。

この携帯ブラックから情報を削除する方法は2つ、

・滞納分を完済する

・5年経過するのを待つ

になります。

滞納分がよほど高額でない限り、支払いをしてしまったほうが早いですが、お買い物や課金などで高額になっていて支払いが難しい場合は、5年待つという方法もあります。

その間は、プリペイド携帯であれば携帯電話を持つことができます。

プリペイド携帯は前払い式の携帯電話で、携帯ブラックに情報が残っていても使用することができます。

本体代も安いものだと5,000円くらいからあるので、滞納分の支払いが難しい、けど携帯電話は必要という場合はおすすめです。

このあたりは滞納している金額にもよるので、一度弁護士に相談してみるのがおすすめです。

使用料金の支払い方法を確認しておきましょう

携帯電話の使用料金の支払いは、コンビニ払いや口座引き落とし、クレジットカード払いにしていることが多いですよね。

もし個人再生で、銀行口座に関連のある借入やローンがあった場合、その借入やローンは個人再生の手続きの対象になります。

そうすると銀行口座が凍結されてしまい、引き落としができなくなります。

一度口座凍結されると、代位弁済といって保証会社が銀行に代わりに支払いをするまで、凍結は解除されません。

代位弁済が終わるまでだいたい1~3カ月はかかるので、その間携帯電話の使用料金の引き落としができないとなると、携帯電話が使えなくなったり、最悪強制解約になることがあります。

もちろん、銀行口座関連する借入がない場合は、口座凍結されることはないので、心配いりません。

また、個人再生をするとブラックリストに名前が載り、クレジットカードが使えなくなるため、使用料金の支払いができなくなってしまいます。

個人再生をして口座引き落としができなくなる場合、クレジットカード払いにしている場合は、コンビニ払いなどにあらかじめ変更しておくようにしましょう。

個人再生のデメリットについて詳しくはこちら

個人再生後に、新しく携帯電話やスマホを購入できる?

では個人再生をして強制解約になってしまった場合や、新しい機種に変更したい場合、購入することはできるのでしょうか。

個人再生をすると、信用情報機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)に事故情報が載ってしまいます。

いわゆるブラックリストに載ってしまうことになります。

そうすると、ローンを組んだりクレジットカードを使うことができなくなります。

クレジットカードについては、先に商品を受け取ったりサービスを受け、後でクレジットカード会社にお金を支払うことになるので、お金を借りているのと同じ状態になり、ブラックリストに載ると使用することができなくなります。

携帯電話やスマホも同じで、機種代というのは通常分割で支払っていくことが多いですが、ブラックリストに載ると分割で支払い、という審査が通らなくなるので、一括で購入する必要があります。

機種代が高くて一括は難しい、という場合、中古で古い機種などがおすすめです。

ブラックリストは一生載るわけではなく、5~10年経てば情報が削除されます。

そうすれば最新機種などを分割で購入することもできるようになります。

ブラックリストから情報が削除されたかどうかは、各情報機関に情報開示請求して調べることができるので、5年以上経って気になった方は開示請求してみましょう。

また、使用料金や機種代が個人再生の対象になった場合は、ブラックリストとは別に携帯電話会社がその情報を保有することになります。そすると、同一キャリアで再度契約することができなくなります。

中古で機種を購入する場合、別のキャリアで契約する必要があるので注意しましょう。

まとめ

本と虫眼鏡
  • 個人再生をした後で携帯電話やスマホが使えるかどうかは、端末代の支払いが終わっているかどうか、使用料金の滞納がないかどうかで変わります
  • 端末代の支払いが残っているが、使用料金の滞納がない場合は、金額によっては弁護士に交渉してもらえ、使い続けることができることもあります
  • 使用料金の滞納はそのままにしておくと携帯ブラックに情報が残り、回線契約が5年はできなくなります

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012