■弁護士法人心 津駅法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪駅法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

任意整理しても携帯電話・スマホそのまま使用できる?

弁護士とパラリーガル

「携帯が使えなくなると仕事で困る!」
「任意整理しても今持ってるスマホって使えるの?」

今では生活やビジネスの必需品ともいえる携帯電話やスマートフォン。

それが使えなくなることは、死活問題につながることもあります。

任意整理することは、携帯電話・スマホを使うことには基本的に影響ありません。

任意整理には他の債務整理方法とは違う、携帯・スマホを使い続けるうえで役立つメリットがあるのです。

ですが、その一方で少し注意しなければならないことも。

気をつけたいポイントなどをこのページでくわしく説明していきます。

任意整理しても基本的には携帯電話・スマホは使い続けられる

個人再生や自己破産といった他の債務整理方法と違って、任意整理では整理する相手を選べるので、携帯電話やスマホの回線会社(キャリア)を整理の対象にしなければ、基本的には問題ありません。

借金を任意整理して、携帯・スマホの料金をそれまでどおり払い続ければ、強制解約などになることもなく使い続けられます。

もし携帯料金を滞納していても、それまで任意整理の対象にするのはすすめられません。

まず、今使っている携帯やスマホはもちろん強制的に解約になります。

滞納した料金は3~4回の分割で払っていくことになりますが、あまり長期間の分割は認められないことがほとんどです。

支払額も延滞した後の利息や遅延損害金がカットしてもらえるだけで、滞納した元金が安くなることもありません。

さらに、滞納したという情報が、ドコモなどキャリアの多くが加盟している電気通信事業者協会(TCA)という団体に送られ、加盟各社の間で共有されることに。

このため、料金が未払いのまま契約を解除された場合、未払いの情報が5年間TCAに保存され、その間はどこのキャリアであっても携帯・スマホの新規契約が難しくなります。

とはいえ、未払いの情報は5年間絶対に保存されるわけではなく、任意整理手続の後に分割払いをし終わった時点で消されます。

その後は、同じキャリアでは契約できませんが、別のキャリアならすぐに携帯・スマホを使うことができます。

このように、携帯・スマホの料金を任意整理することは、メリットが少ない割りに強制解約など問題が大きいので、あまりすすめられません。

それでも携帯料金を任意整理したほうがいいケースには、滞納している料金が高額過ぎる場合、すでに利用停止になっていてもうその携帯を使うつもりがない場合、またはキャリアから法律事務所を通して「今すぐ一括で払わないと裁判を起こす」と通知された場合などがあります。

たとえば、ゲームなどのアプリで大量の課金をしていたり、ネットショッピングでキャリア決済(買物代金を携帯料金といっしょに支払う方法)を重ねていたり、家族が持っている分など複数の携帯料金を滞納していたりすれば、未払い料金が数十万円にもなることがあり得ます。

こういう人は、携帯・スマホ料金の滞納分を任意整理したほうがいいでしょう。

携帯電話本体代が分割払いだと、残金の一括返済を求められることも

携帯電話やスマホを持つ場合は誰でも、〈回線契約〉と〈本体の購入契約〉という2つの契約を同時にしています。

回線契約はNTTドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアの通信回線を使わせてもらう契約、本体の購入契約はiPhoneなどの携帯電話やスマホ本体を買う契約です。

携帯電話やスマホの本体は、高ければ10万円以上するので、2年24回払いなどの分割払いで買っていることが普通です。

借金を任意整理したとき、まだ携帯本体の分割払いが残っていたら、残りの額を一括返済するよう要求される可能性があります。

なぜなら、キャリアはカード会社(クレジットカード会社、消費者金融、銀行)と同じように、〈信用情報機関〉のひとつ、CICに加盟しているから。

信用情報機関とは、お金の貸し借りやクレジット契約などの情報を加盟各社から集めて、各社に提供している団体です。

任意整理をすると、CICなど信用情報機関にその情報が記録されて加盟している各社に広まり、俗にいう〈ブラックリスト〉に載った状態になります。

このため、まだ分割払いが終わっていないうちに任意整理をすると、携帯・スマホの本体代の残額を借金として、一括返済するよう求めてくる可能性があります。

返済が終わらないうちは、携帯・スマホが没収されたり一時利用停止にされたりします。

この問題は、任意整理する前に本体代の残額を一括払いしておくことで防ぐことができます。

携帯料金の支払方法がクレジットカード払いなら変更しておく必要がある

先に書いた信用情報機関に任意整理した情報が載ると、俗にいう〈ブラックリスト〉に載った状態になり、5~7年は新しくクレジットカードを作ったりローンを組んだりができなくなります。

このことでひとつ、困った問題が出てきます。

携帯の料金がクレジットカード払いできなくなるのです。

ブラックリストに載るとクレジットカードが作れなくなるのはもちろんですが、今持っているクレジットカードも使えなくなってしまいます。

任意整理の対象にしたカードはすぐに使えなくなり、対象にしていないカードも有効期限更新などの機会に使えなくなります。

そのため、クレジットカード払いにしている人は、銀行口座などからの引き落としやコンビニなどでの現金払いに変更しておくことが必要です。

変更しておかないと知らないうちに料金滞納になってしまうので気をつけてください。

任意整理しても携帯電話・スマホそのまま使用できる?まとめ

本と虫眼鏡
  • 任意整理する場合でも、整理の対象に携帯・スマホ料金を含めなければ、今持っている携帯・スマホは基本的に問題なく使い続けられる
  • 大量のアプリ課金などで滞納額が数十万円にでもならない限り、携帯・スマホの料金は任意整理から外したほうがいい
  • 携帯・スマホの本体代金を分割払いにしていると、任意整理から外していても、代金の残りを一括で返済するよう求められる可能性がある
  • 任意整理すると俗にいうブラックリストに載るため、クレジットカードが使えなくなり、携帯料金のクレジットカード払いができなくなる

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津駅法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪駅法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012