■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

債務整理の代表的デメリット「ブラックリスト」を徹底解説

弁護士とパラリーガル

「債務整理するとブラックリストに載る?」
「いつからブラックリストに載るのか?」

債務整理するとあなたの信用情報に事故情報として登録されるため、5年~10年程度の期間はカード会社から借金をしたりローンを組んだりできなくなります。

これが、いわゆる「ブラックリストに載る」と呼ばれる状態で、債務整理の代表的なデメリットです。

そのため、債務整理を検討している人から、

「ブラックリストに載る期間は、いつからいつまで?」
「ブラックリストに載るデメリットとその対策は?」
「信用情報とか信用情報機関って何?」

といった、ブラックリストにまつわる質問をよく受けます。

そこで今回は、債務整理の代表的なデメリットである「ブラックリスト」について徹底解説したいと思います。

ブラックリストとは

まず、「ブラックリストに載る」とは、どんな状態なのか説明します。

「ブラックリストの載る」という状態

借金の滞納や、債務整理(借金問題を法的に解決するための手続き。

任意整理・個人再生・自己破産など)をすると、信用情報に延滞情報や事故情報として登録され5年~10年程度の期間は、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)から新たな借入ができない状態になります。

この状態が、世間で「ブラックリストに載る」と言われる状況です。

したがって、実際に「ブラックリスト」というリストが存在するわけではありません。

信用情報とは

「信用情報」とは、あなたの年収や住宅の情報、勤務先の属性情報、公共料金などの支払い情報に加え、カード会社との取引履歴や債務整理の事実などが記録されたものです。

信用情報に記録されるブラックリストに関係する内容としては、

  • クレジットカードやローン、キャッシングといったサービスの申し込み履歴
  • 借入れ先のカード会社の名前、借入額
  • 借金の返済履歴、延滞履歴
  • 債務整理の事故情報

などが挙げられます。

カード会社はクレジットカードやキャッシングなどの審査の際、顧客の信用情報を個人の参照することで、本当にお金を貸してもよい相手かどうかを判断しているのです。

なお、信用情報は「信用情報機関」と呼ばれる、カード会社と顧客の間で公正な取引きが行えるために活動する機関によって、収集、管理されています。

信用情報機関

カード会社は、以下3つの信用情報機関のいずれか、または複数に加盟しています。

JICC(日本信用情報機構)

JICCとは、主に消費者金融やサラ金、街金系のカード会社が中心に加盟している信用情報機関です。JICCの会員になっている企業の事例としては、

  • アコム
  • プロミス
  • レイク

などが挙げられます。

 

CIC(株式会社 シー・アイ・シー)

CICとは、主にクレジットカードや信販系のカード会社が中心に加盟している信用情報機関です。

CICの会員になっている企業の事例としては、

  • クレディセゾン
  • オリックス
  • イオンクレジットサービス
  • アットローン
  • ニコス
  • オリコ

などが挙げられます。

 

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

KSCとは、全国銀行協会が運営する信用情報機関で、主に銀行や信用金庫といった金融機関が中心に加盟しています。KSCの会員になっている企業の事例としては、

  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行

などが挙げられます。

 

また、3つの情報機関は「CRIN (クリン):Credit Information Network」と呼ばれるネットワークでお互いの信用情報を共有しています。

ブラックリストに載る期間はいつからいつまで?

債務整理してブラックリストに載る期間は、任意整理、個人再生、自己破産でそれぞれ異なります。

任意整理後ブラックリストに載る期間

任意整理すると5年程度の期間ブラックリストに登録されます。なお、各信用情報機関における事故情報の掲載期間は、次の通りです。

JICC:「債務整理」の事故情報が5年間登録される

CIC:任意整理の前に3ヶ月以上返済に延滞があった場合、「異動(正式な借金返済ルートから外れたという意味)」と呼ばれる事故情報が5年間登録される

KSC:保証会社が代位弁済(あなたの代わりに借金を一括返済すること)した場合、「代位弁済」の事故情報が5年間登録される

JICCでは任意整理のスタート地点、つまり、弁護士や司法書士がカード会社に受任通知(あなたから任意整理の手続きを委任した書かれた書類)を送ってから5年間、債務整理の事故情報が登録されます。

いっぽう、CICでは借金返済の延滞が起きてから5年間、「異動」という事故情報が登録されるため、厳密に言えば、任意整理という名目の事故情報が登録されるわけではありません。

また、KSCには保証会社による代位弁済が行われたときのみ「代位弁済」という事故情報が5年間登録されます。

よって、銀行などからの借金がない場合には、事故情報が登録されることはないのです。

個人再生後ブラックリストに載る期間

個人再生すると5年~10年程度の期間ブラックリストに登録されます。なお、各信用情報機関における事故情報の掲載期間は、次の通りです。

JICC:「債務整理」の事故情報が5年間登録される

CIC:任意整理の前に3ヶ月以上返済に延滞があった場合、「異動」の事故情報が5年間登録される

KSC:個人再生の「個人再生認可決定」の官報情報が10年間登録される

JICCとCICには、裁判所の個人再生認可決定から5年です。KSCには、「個人再生認可決定」の官報情報が10年間登録されます。

言い換えれば、ローンやカードを利用する際、この情報を参照しているカード会社もあることから、個人再生認可決定から10年間ブラックリストに載る状態になるわけです。

なお、「官報」とは政府が発行する広報誌で、裁判所の案件などが扱われるため、裁判所を介する債務整理が行われた場合には、その内容が公告されることになります。

自己破産後ブラックリストに載る期間

自己破産すると、5年~10年程度の期間ブラックリストに登録されます。なお、各信用情報機関における事故情報の掲載期間は、次の通りです。

JICC:「破産申立て」の事故情報が5年間登録される

CIC:「異動」及び「法定免責」の事故情報が5年間登録される

KSC:「破産手続開始」の事故情報が10年間登録される

JICCでは自己破産の免責決定時から5年間「破産申立て」の事故情報が登録されます。

また、CICも同様に自己破産の免責決定時から5年間「法定免責」の事故情報が登録され、さらに裁判所の破産手続開始決定時から5年間「異動」の事故情報も登録されるのです。

いっぽう、KSCでは自己破産開始決定時から官報情報に掲載された「破産手続開始」の事故情報が10年間保管されます。

ブラックリストに載るデメリットとその対策

ブラックリストに載ると発生するデメリットと、その対策について説明します。

クレジットカードの新規発行と利用ができなくなる

ブラックリストに載ると、クレジットカードの新規発行と利用ができなくなります。

したがって、クレジットカードの

  • ショッピング(一括払い、分割払い、リボ払い)
  • キャッシング
  • カードローン

といったサービスが利用できません。

ただし、債務整理の対象にならなかったクレジットカードの中には、しばらく利用できるものもあると思いますが、更新月などのタイミングで利用できなくなるでしょう。

クレジットカードが使えない場合の対策としては、以下のようなクレジットカードの代替サービスを利用するのがおすすめです。

  • 家族カード:カード契約者本人の家族に発行する追加クレジットカード
  • デビットカード:銀行預金で決済する仕組みのカード
  • プリペイドカード:あらかじめチャージ(入金)しておく仕組みのカード

クレジットカード払いのサービスが利用できなくなる

クレジットカードの利用ができなくなることから、必然的にクレジットカードで料金を支払うサービスの利用もできなくなります。

たとえば、

  • 家賃の支払いがカード払いの賃貸住宅やマンション
  • 会費の支払いがカード払いのジムなど

最近は、不動産の契約時に、保証会社を立てたり、クレジットカードの発行がマストになっていたりするケースも多いため、そのような物件に住むのは困難でしょう。

また、現在住んでいる賃貸物件がカード払いの場合には、契約更新時に退去させられる可能性もあります。

よって、この場合は、家賃の支払い方法がクレジットカード払い以外でもOKな物件に住むか、大家さんと直接交渉して現金払いにしてもらえるようにするしかありません。

いっぽう、会費がクレジットカード払いのサービスの場合は、信販会社を介さないサービスを選ぶか、他の人に会費を支払ってもらえれば解決できるでしょう。

ローンが組めなくなる

ブラックリストに載ると、住宅ローンや自動車ローンといったローンが組めなくなります。

ローンが組めなくなることへの対策ですが、そもそもブラックリストの影響は債務整理した本人以外には及びませんので、あなたの家族や親戚名義でローンを組むことが可能です。

よって、あなた以外の名義でローンを組んで、支払いはあなたが行うという方法が実施できれば、特に問題はないでしょう。

分割払いができなくなる

ブラックリストに載るとローンが組めなくなるため、その一環として分割払いでの買い物ができなくなります。

そのため、基本的に現金一括払いの買い物しかできません。

たとえば、スマホの機種変更の際、10万円以上するような最新機種を購入する場合にも、分割払いの購入ができなくなってしまうのです。

よって、買い物をする場合には、基本的に一括払いで購入し、高価なものを購入する場合には、あなた以外の人の名義で分割払い購入してもらうしか方法はないでしょう。

ローンや奨学金などの保証人になれなくなる

ブラックリストに載ると、ローンや奨学金などの連帯保証人になれなくなります。

したがって、知人がローンを組む場合や、子どもの奨学金の連帯保証人にもなれません。

よって、どうしても保証人を立てたい場合には、あなた以外の人に連帯保証人になってもらうしかないでしょう。

ブラックリストへの掲載期間を過ぎるとどうなるか?

先ほど紹介した登録期間を過ぎれば、信用情報から事故情報が抹消されるため、再びカード会社から借入ができるようになります。

ただし、ブラックリストから外れても、債務整理したカード会社や、そのグループ会社からは借入できなくなる可能性が高いでしょう。

社内ブラックとは

通常、債務整理から5年~10年程度の期間が過ぎれば、信用情報の事故情報は抹消されますが、債務整理の対象の対象となったカード会社には、あなたが債務整理したという記録が半永久的に残ることになります。

これはカード会社が独自に管理する顧客情報で、いわゆる「社内ブラック」と呼ばれるものです。

そのため、債務整理の対象となったカード会社からの新たな借入は困難でしょう。

社内ブラックはグループ会社にも共有される

さらに、社内ブラックリストの情報は、そのグループ会社などにも共有されます。

よって、債務整理の対象になったカード会社のグループ会社からの新たな借入もできなくなります。

たとえば、「アイフル」で社内ブラックリストに登録された場合には、そのグループ会社である「ライフカード」からも借入できなくなる可能性が高いでしょう。

また、

<ローン会社>     <保証会社>

三菱UFJ銀行カードローン→保証会社:アコム

三井住友銀行カードローン→保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 

みずほ銀行カードローン  →保証会社:オリコ  

といった、保証会社とローン会社という関係性の場合にも、同じことがいえます。

ただし、社内ブラックリストは、あくまでもカード会社が独自に管理している情報ですので、すべてのカード会社が持っているというわけではありません。

したがって、グループ会社であっても、絶対に借入できなくなるとは言い切れないのです。

借金やローンが組めるかは与信力やカード会社次第

ブラックリスト掲載期間中や、ブラックリストから外れた後に借金やローンが組めるかはあなたの与信力や、カード会社の判断基準によって大きく影響されます。

与信力が大きく影響

「与信力」とは、簡単に言うとあなたの借金返済能力のことです。

カード会社はあなたが本当にお金を貸してよい相手なのかどうか、あなたの年収や勤務先、勤続年数、資産の有無、社会的なステータスなどから総合的に判断します。

したがって、カード会社から「与信力が高い」と評価されれば、ブラックリストに載っている状態でも借金やローンが組める可能性があるのです。

カード会社ごとに異なる判断基準

信用情報に登録される事故情報は、あくまでも与信を判断する材料の一つに過ぎません。

そのため、どの程度与信に影響するかはカード会社の基準次第ということになります。

また、カード会社の担当者によっても重要視するポイントが異なる場合もあるため、事故情報が登録されていても絶対に審査が通らないわけではありません。

自分の信用情報を確認する方法

債務整理後、5年~10年程度の期間が経過しても、信用情報機関からブラックリストの事故情報が抹消されたという連絡は来ません。

そのため、債務整理後にカード会社から借入したいと思った場合には、自分の信用情報から事故情報が確実に抹消されているか確認しておくと、審査に通る確率もアップするでしょう。

ただし、事故情報が残ったままローンやクレジットカードなどの審査などを受けると、確実に落ちてしまいます。

そうなると、そのときの審査の履歴が残るため、次回もう一度審査を受ける場合、審査に悪影響を与える可能性が高いので絶対に避けたいところです。

よって、債務整理後にカード会社から再び借入したい場合には、ブラックリストから事故情報が消えたと思うタイミングで信用情報機関に問い合わせ、あなたの信用情報を開示してもらいましょう。

信用情報機関は、Webや郵送などで信用情報の開示を受け付けています。

債務整理の代表的デメリット「ブラックリスト」を徹底解説まとめ

本と虫眼鏡
  • 債務整理すると信用情報に事故情報として登録され、5年~10年程度の期間カード会社から新たな借入ができなくなる、「ブラックリストに載る」という状態になる
  • ブラックリストに載るデメリット
    └クレジットカードの新規発行と利用ができなくなる
    └クレジットカード払いのサービスが利用できなくなる
    └ローンが組めなくなる
    └分割払いができなくなる

    └ローンや奨学金などの保証人になれなくなる
  • ブラックリストに載る期間
    └任意整理:5年程度の期間
    └個人再生:5年~10年程度の期間
    └自己破産:5年~10年程度の期間
    上記期間を過ぎれば、再びカード会社から新たな借入が可能となる。ただし、債務整理の対象になったカード会社からの借入はNG。また、社内ブラック」の影響で、そのグループ会社からの借入もNG

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012