■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

債務整理後にクレジットカードは使えない?

弁護士とパラリーガル

「債務整理するとクレジットカードが使えなくなる?」
「債務整理がクレジットカードに与える影響とは?」

借金で首が回らなくなったとき、あなたを助けてくれるのが債務整理です。

債務整理とは借金問題を法的に解決する手続きのことで、借金の減額や返済の負担軽減といったメリットが受けられます。

しかし、債務整理すると5年~10年程度の期間、クレジットカードの利用や新規発行ができなくなるというデメリットもあります。

そのため、これから任意整理や個人再生、自己破産といった債務整理をしようとする人は、それらがクレジットカードにどのような影響を与えるのか知っておくべきでしょう。

そこで今回は、債務整理がクレジットカードに与える影響や、クレジットカードが使えない間代わりに使えるサービスなどについて紹介します。

債務整理とはどのような手続きなのか

まず、債務整理について簡単におさらいしましょう。

債務整理とは

債務整理とは借金問題を法的に解決する手続きです。

毎年たくさんの人が、新しい生活への第一歩を踏み出すために債務整理を利用しています。

債務整理のメリットは次の通りです。

  • 誰でも利用できる
  • 借金の減額や返済の負担軽減
  • カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)からの督促が来なくなる

ただし、債務整理には「クレジットカードが使えなくなる」といったデメリットもあります。

債務整理の種類

債務整理には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった手続きがあり、あなたの借金額や家庭環境(子どもの有無など)、収入状況などに合わせ、適正な手続きを選択することが大切です。

任意整理

債務整理には、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」といった手続きがあり、あなたの借金額や家庭環境(子どもの有無など)、収入状況などに合わせ、適正な手続きを選択することが大切です。

個人再生

個人再生とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらえ、残りを原則3年間(最長5年間)で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理です。

個人再生のメリットは、借金自体を大幅に減額してもらえることに加え、「住宅ローン特則」という制度を使えば、住宅ローンが残った家を手元に残しながら借金を減額してもらえることでしょう。

自己破産

自己破産とは、裁判所に申し立てすることで「免責(借金を帳消しにすること)」が認められると、借金をゼロにしてもらえる債務整理です。

債務整理できるクレジットカード枠とは?

それでは、気になる債務整理の対象となるクレジットカード枠について紹介します。

ショッピング枠もキャッシング枠もOKなのか?

債務整理の対象になるクレジットカード枠は、

  • ショッピング(一括払い、分割払い、リボ払い)
  • キャッシング(カードローン)

となります。つまり、クレジットカードのすべてが債務整理の対象になるわけです。

特に、キャッシングやリボ払いは金利が年利10~18%と高額なため、普通に返済しようとすると完済は困難ですが、債務整理すれば返済の負担が減り完済の目途が立ちやすくなるでしょう。

債務整理するとブラックリストに載る

「債務整理するとブラックリストに載る」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、そもそもどういうものなのか説明します。

ブラックリストとは何なのか?

債務整理すると信用情報機関が管理する信用情報(カード会社と顧客の取引履歴や債務整理の事実などが登録されたもの)に事故情報として登録され、5年~10年程度の期間はカード会社から新たな借入ができない状態になります。

これが「ブラックリストに載った」と呼ばれる状態です。

ブラックリストに載ると、

  • クレジットカードの利用と新規発行ができなくなる
  • ローンや奨学金の連帯保証人になれなくなる
  • 借金の整理対象に銀行が含まれる場合、その銀行口座が凍結される

といったデメリットが発生します。

ただし、ブラックリストの影響を受けるのは債務整理した本人だけです。

したがって、家族や親戚といった第三者にはブラックリストの影響はありません。

信用情報機関とは

信用情報機関とは、顧客とカード会社が適正に取引できるように信用情報を収集、管理している機関です。信用情報機関は次の3つがあり、

「JICC」(日本信用情報機関)

「CIC」(株式会社 シー・アイ・シー)

「KSC」(全国銀行個人信用情報センター)

クレジットカード系の会社は、一般的にJICCとCICに加入しています。

債務整理するとクレジットカードが使えなくなる

債務整理がクレジットカードに与える影響について解説します。

債務整理後のクレジットカードの利用

債務整理すると、5年~10年程度の期間はクレジットカードの利用や新規発行ができなくなります。

つまり、

  • ショッピング
    └一括払い
    └分割払い
    └リボ払い
  • キャッシング

といったクレジットカードのサービスがすべて利用できなくなるのです。

よって、スマホの機種変更をする際なども分割購入ができなくなるため、一括で端末を購入する必要があります。

また、支払いをカードで行うサービスの利用もできなくなるため注意が必要です。

たとえば、

  • 家賃がカード払いの賃貸物件
  • 会費がカード払いのジム

などが挙げられるでしょう。

ただし、債務整理後、5年~10年程度の期間が経過すれば、再びクレジットカードの利用や発行ができるようになるため、一生使えなくなるというわけではありません。

クレジットカードが使えなくなる期間

債務整理後、クレジットカードが使えなくなる期間は、任意整理、個人再生、自己破産でそれぞれ異なります。

事故情報の登録機関が信用情報機関によって異なることが理由です。

  • 任意整理:5年程度の期間

JICC:事故情報の登録期間は5年間

CIC:債務整理の前に3ヶ月以上返済に延滞があった場合、事故情報の登録期間は5年間

KSC:保証会社が代位弁済(あなたの代わりに借金を一括返済すること)をした場合、事故情報の登録期間は5年間

  • 個人再生:5年~10年程度の期間

JICC:事故情報の登録期間は5年間

CIC:債務整理の前に3ヶ月以上返済に延滞があった場合、事故情報が5年間登録されるKSC:事故情報の登録期間は10年間

  • 自己破産:5年~10年程度の期間

JICC:事故情報の登録期間は5年間

CIC:事故情報の登録期間は5年間

KSC:事故情報の登録期間は10年間

債務整理しなかったクレジットカードについて

債務整理すると借金をしたクレジットカードだけでなく、債務整理の対象外だったクレジットカードの利用もできなくなります。

3つの情報機関は「CRIN (クリン):Credit Information Network」と呼ばれるネットワークで情報共有を行っており、お互いの信用情報を共有しています。

したがって、債務整理の事故情報も信用情報機関に加入している全カード会社に共有されるため、すべてのクレジットカードが利用できなくなるのです。

たとえば、任意整理で特定のクレジットカードを除外して債務整理した場合、しばらくの期間は利用できますが、更新期間などが来るタイミングで利用できなくなります。

事故情報抹消後の債務整理したクレジットカード

債務整理の対象となったカード会社のクレジットカードは、信用情報から事故情報が抹消された後も利用できない可能性が高いでしょう。

債務整理の対象となったカード会社には、債務整理したという情報が「社内ブラックリスト(カード会社が独自に管理している顧客情報)」として登録されるため、半永久的に残ることになります。

そのため、5年~10年程度の期間が経過しても、債務整理の対象となったカード会社のクレジットカードは利用できなくなるのです。

さらに、社内ブラックリストに載ると、そのカード会社の関連企業にも事故情報が共有されます。

したがって、関連企業のクレジットカードも利用できなくなる可能性が高いでしょう。

たとえば、「MUFGカード」を債務整理の対象にした場合には、同じ三菱UFJフィナンシャル・グループが発行している「三菱UFJ銀行VISA」のクレジットカードも利用できなくなるというわけです。

そして、三菱UFJ銀行に口座を持っている場合には、その口座も凍結される可能性が高くなります。

債務整理で使えなくなるクレジットカードの代わりになるもの

キャッシュレス化が進む現代において、クレジットカードを長期間利用できないのは非常に不便だと思います。

そこで、クレジットカードの代替品となるサービスを紹介しておきます。

家族カード

「家族カード」とは、クレジットカード契約者の家族に対して追加発行されるクレジットカードです。

前述した通り、ブラックリストの影響を受けるのは債務整理をした本人だけとなりますので、家族にはまったく影響ありません。

したがって、家族が持つクレジットカードが家族カードを発行できるものであれば、それを利用できるため債務整理後もそれほど困ることはないでしょう。

ただし、家族カードの請求はクレジットカードの契約者に集約されるため、家族カードの利用履歴は全部契約者による閲覧が可能です。

そのため、無駄使いなどがしづらくなるため、債務整理後に生活を立て直したい人にはピッタリといえるでしょう。

デビットカード

「デビットカード」とは、買い物をする際、銀行口座の預金からその場で代金が引き落とされることで決済が行われる仕組みのカードです。

デビットカードは預金の範囲内であればクレジットカードのように利用できます。

デビットカードは銀行の口座を開設すれば発行できるため、債務整理後も安心して利用できます。

ただし、分割払いができないため、買い物は一括払いのみとなりますので注意が必要です。

したがって、携帯料金や公共料金の支払いなどには使えません。

プリペイドカード

「プリペイドカード」とは、事前に現金をカードにチャージするカードのことです。

チャージした金額の範囲内であれば、クレジットカードのように利用できます。

発行の際、特に審査もありませんので、債務整理後でも問題なく使える点がうれしいところでしょう。

ただし、デビットカードと同じく分割払いはできませんので、買い物は一括払いのみとなります。

よって、こちらも携帯料金や公共料金の支払いなどには使えません。

ETCパーソナルカード

「ETCパーソナルカード」とは、保証金方式のETCカードです。

「保証金方式」とは、カード発行の際に保証金を納める方式で、それを担保にしてサービスが利用できる仕組みとなります。

ETCパーソナルカードは最初に6万円を納めれば、普通のETCカードとして利用可能です。

ただし、保証金は担保として支払う金額のためETCの利用料金として使うことはできません。

よって、別途ETCの利用料金が発生する点に注意が必要です。また、料金の支払いは口座振替となります。

まとめ

本と虫眼鏡
  • 債務整理すると以下の期間クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
    └任意整理:5年程度の期間
    └個人再生:5年~10年程度の期間
    └自己破産:5年~10年程度の期間
  • 上記期間を過ぎれば再びクレジットカードの利用や新規発行が可能
    └ただし、債務整理の対象外のカード会社のクレジットカードに限る
  • 債務整理の対象になったカード会社および、そのグループ会社のクレジットカードの利用や発行は、事故情報が消えた後でも困難
  • クレジットカードが利用できない間の代替品としては、家族カードやデビットカードなどがある

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012