■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

過払い金請求すると債務整理扱いになることがある?

弁護士とパラリーガル

「過払い金請求すると債務整理になるってホント?」
「過払い金請求してもブラックリストに載らない方法とは?」

TVのCMなどで話題の過払い金請求。

「払い過ぎたお金が戻ってきますよ!」といったメリットばかりを訴求することがほとんどですが、実は過払い金請求にもデメリットはあります。

中でも、確実に知っておいてもらいたいのが、過払い金請求をした結果、借金の残りがゼロにならなかった場合は、任意整理と同じ扱いになることです。

任意整理とは借金問題を法的に解決する手続きである債務整理の一種で、ブラックリストに載るなどのデメリットが発生します。

そのため、これから過払い金請求しようとする人は、その辺りも踏まえ実施の検討をするべきでしょう。

そこで今回は、過払い金請求と債務整理の違いや関係性を整理しつつ、過払い金請求してもブラックリストに載らない方法などについて紹介します。

債務整理と過払い金請求の違い

債務整理と過払い金請求が、それぞれどのようなものか説明します。

債務整理とは

債務整理とは「借金問題を法的に解決する手続き」のことで、借金に苦しむ人を救うために国が作った制度となります。

債務整理は、以下の3つが一般的です。

 

任意整理:カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に任意の交渉に応じてもらうことで、将来的に発生する利息のカットや分割払いの回数を調整してもらえるよう合意してもらう債務整理。任意整理のメリットは、利息や遅延損害金のカットと返済期間の延長により返済の負担が減ること

 

個人再生:裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらえ、減額された借金を原則3年間で返済できれば、完済扱いにしてもらえる債務整理。個人再生には「住宅ローン特則」と呼ばれる、住宅ローンが残った自宅を手元に残しつつ借金を減額してもらえるという制度もある

 

自己破産:「破産」(あなたの持つ財産を処分しカード会社に分配する手続き)と「免責」(裁判所に「支払い不能」と認めてもらうことで借金を帳消しにしてもらう手続き)という2つの手続きを同時に行う債務整理。自己破産することで裁判所に免責が認められれば、借金をチャラにしてもらえる点がメリット

 

ただし、債務整理すると後述する「ブラックリストに載る」をはじめ、さまざまなデメリットも発生するため、それを踏まえた上で実施を検討することが重要です。

また、債務整理を検討する際には、正しい借金額を明確にするために弁護士や司法書士が引き直し計算を行います。

「引き直し計算」とは、法定利息内で借金を再計算しなおすことで正しい借金額を割り出す計算です。

この引き直し計算を行った結果、過払い金の発生が発覚することがあり、カード会社に対して過払い金請求することもできます。

したがって、債務整理の一環として、過払い金請求が行われる可能性もあるというわけです。

過払い金返還請求とは

「過払い金」とは、簡単に言うとカード会社に払い過ぎたお金のことです。

通常、お金を貸す際には、利息制限法という法律に規定された利息の上限内で取引が行われます。

したがって、その上限を超えた利息でお金を貸していた場合には、違法な利息を払い過ぎる結果となるわけです。

そして、この過払い金の返還をカード会社に要求する行為のことを「過払い金請求」と呼びます。

なお、戻ってきた過払い金は、借金の返済に充当することができます。

ただし、過払い金請求した結果、任意整理として扱われるケースもあるため、その意味では過払い金請求も債務整理の一部といえるでしょう。

過払い金請求で債務整理扱いになるケース

債務整理扱いになる過払い金請求とは、どのようなケースなのか説明します。

過払い金で残った借金をゼロにできない場合

借金返済中に過払い金請求を行う際、過払い金を残った借金と相殺できない場合には、任意整理と同じ扱いになります。

つまり、過払い金請求した結果、借金を完済できなかった場合は、任意整理として扱われるというわけです。

そのため、過払い金請求することで債務整理のデメリットを被るリスクについても、あらかじめ把握しておく必要があります。

クレジットカードの過払い金請求は要注意

クレジットカードの借金を過払い金請求する場合は、ショッピング枠とキャッシング枠の両方の借金が1円でも残ると任意整理扱いになります。

たとえば、キャッシングの借金を完済した後、20万円の過払い金が発生していることが発覚して過払い金請求したとしましょう。

その際、ショッピング枠に40万円の借金があると、差し引き20万円の借金が残ることになるため、任意整理として扱われてしまうわけです。

また、過払い金請求をしたカード会社の借金がゼロになっても、そのグループ会社や保証会社の借金が残っていると任意整理扱いになります。

たとえば、旧アットローンの借金に15万円の過払い金が発生していた場合、同じグループ会社のプロミスの借金が30万円残っていると、15万円の借金が残ることになるため任意整理として扱われてしまうのです。

債務整理の共通デメリット「ブラックリスト」

債務整理するともれなく掲載される、ブラックリストについて説明します。

ブラックリストとは

債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)すると、信用情報(カード会社と顧客の取引履歴や債務整理の事実などが記録されたもの)に事故情報として登録されるため、5年~10年程度の期間カード会社から新たな借入ができない状態になります。

これがいわゆる「ブラックリストに載る」という状態です。

ブラックリストに載ると、

  • クレジットカードの利用や新規発行ができなくなる
  • ローンの利用ができなくなる(自動車ローンや住宅ローンなど)
  • キャッシングの利用ができなくなる
  • 分割払い・リボ払いの利用ができなくなる
  • 保証人になれなくなる(奨学金、ローンなど)
  • 銀行が債務整理の整理対象になった場合、その銀行の口座が凍結される

といったデメリットが発生しますので認識しておきましょう。

ブラックリストに載る期間

債務整理ごとのブラックリストへの掲載期間は、次の通りです。

任意整理:5年程度の期間

個人再生:5年~10年程度の期間

自己破産:5年~10年程度の期間

上記期間が過ぎれば信用情報から事故情報が抹消されるため、再びカード会社から借入できるようになります。

ただし、上記期間を過ぎても、債務整理の対象になったカード会社および、そのグループ会社からの借入は困難です。

過払い金請求してもブラックリストに載らない方法

過払い金請求を正しい方法やタイミングで行うことで、ブラックリストへの掲載を回避できます。

過払い金請求で借金を完済する

過払い金請求して借金と相殺した結果、借金がゼロになれば任意整理扱いにはなりません。

ただし、過払い金請求の手続き中、一時的にブラックリストに登録されることはあります。

しかし、過払い金が確定して借金を完済できれば、登録情報は削除されるので心配ありません。

なお、くどいようですが1円でも借金が残ってしまうと、任意整理扱いとなりブラックリストに載ってしまいますので注意しましょう。

完済済みの借金に対する過払い金請求

過去に完済した借金に過払い金が発生していたことが発覚し、カード会社に過払い金請求した場合には、任意整理扱いにはならないためブラックリストに載ることもありません。

そもそも過払い金請求の目的は「払い過ぎた利息の返還要求」ですので、カード会社に対する正当な請求権を有することになります。

そのため、任意整理になることも、ブラックリストに載ることもないのです。

なお、過払い金請求にカード会社が応じなかった場合には、控訴する運びになるのですが、不当に利益を得たカード会社の方が圧倒的に不利なため裁判に負けることもまずないでしょう。

過払い金がいくらあるのか計算する方法

過払い金請求する場合には、まず過払い金がいくらあるのか正確に把握することが重要です。

自分で引き直し計算を行う

自分で引き直し計算を行えれば、過払い金がいくらあるのか確認することが可能です。

まず、カード会社に直接問い合わせて、過去の取引履歴を開示してもらいましょう。

次に、取り寄せた取引履歴や過去の領収書、カード会社との契約書などを確認しながら、引き直し計算を行います。引き直し計算用のソフトなどもありますので、有効活用するとよいでしょう。

その結果、過払い金の発生が発覚した場合には、ご自分で過払い金請求もできます。

ただし、過去に何度も借金をしている場合は、引き直し計算が複雑になるので、計算ミスが発生する確率が高くなります。

場合によっては、「過払い金で借金を相殺してゼロになるつもりが、計算ミスで完済できず任意整理になってしまった……」という可能性もあるでしょう。

また、自分で過払い金請求する場合は、当然カード会社を相手取った交渉を行う必要があります。

とはいえ、素人が金融のプロであるカード会社と対等に渡り合うのは、並大抵のことではありません。

最悪の場合、過払い金請求に応じてくれなかったり、満額請求できなかったりする可能性もあるでしょう。

そのため、自分で引き直し計算を行って過払い金請求するのは相当リスクが高いといえます。

弁護士や司法書士に手続きを依頼

前述した通り、ご自分で過払い金請求を行うのはリスキーです。

そのため、過払い金請求を検討する場合には、まず弁護士や司法書士といった専門家に相談するのがおすすめです。

過払い金の計算までは無料で実施している事務所も多いため、正確な金額を確認した上で、依頼するかどうか決めることもできます。

そのため、任意整理扱いになるかどうかも事前に把握できますので、万全の状態で過払い金請求に臨むことができるわけです。

また、一般人がカード会社と交渉した際には、取引履歴の開示にもなかなか応じてもらえないケースもあるのですが、カード会社との交渉も弁護士や司法書士に任せられるため、交渉がうまくいく確率も飛躍的にアップします。

過払い金請求には時効の成立や、借金をしたカード会社の倒産というリスクもあり、その場合は手続き自体ができなくなります。

そのため、できるだけ早めに対応することが重要です。当相談室でも過払い金の無料相談を実施していますので、まずはお気軽にご連絡ください。

過払い金請求すると債務整理扱いになることがある?まとめ

本と虫眼鏡
  • 債務整理とは「借金問題を法的に解決する手続き」のこと
  • 過払い金とはカード会社に払い過ぎたお金のこと
  • 過払い金の返還をカード会社に要求する行為のことを過払い金請求と呼ぶ
  • 過払い金を残った借金と相殺できない場合には、任意整理と同じ扱いになる
  • クレジットカードの借金を過払い金請求する場合は、ショッピング枠とキャッシング枠の両方の借金が1円でも残ると任意整理扱いになる
  • 債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)するとブラックリストに載る
  • 過払い金請求してもブラックリストに載らない方法
    └過払い金請求で借金を完済する
    └完済済みの借金に対する過払い金請求
  • 過払い金請求の手続きは弁護士や司法書士にお願いするのがおすすめ

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012