■弁護士法人心 津法律事務所(津駅東口0.5分)
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F
■弁護士法人心 四日市法律事務所(四日市駅西口1分)
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F
■弁護士法人心 松阪法律事務所(
松阪駅南口1分)
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F

受付時間
平日9時~21時 / 土日祝9時~18時
※夜間・土日祝相談可
定休日
12月31日~1月3日
※大型連休中の休業や臨時休業もございます。 
お電話でのお問合せはこちら
0120-265-012

メールでのお問合せは24時間受付中‼

リボ払いでも債務整理できる?

弁護士とパラリーガル

「リボ払いは債務整理できるのか?」
「クレジットカードのリボ払いも債務整理可能か?」

毎月決まった金額しか返済するクレジットカードの「リボ払い」は、大きな買い物をしても毎月の返済額が少なくなるため返済計画が立てやすい支払い方法です。

しかし、リボ払いは借金をしている感覚が希薄になりがちなので、知らない間に借金が膨れ上がり返済が困難になる可能性も高くなります。

リボ払いは利息が高いため、普通に返済を続けていても完済するのは非常に困難です。

そこで、おすすめしたいのが、債務整理になります。

リボ払いで作った借金も債務整理することが可能なので、借金返済の負担を大きく下げることが可能です。

そこで今回は、クレジットカードのショッピング枠のリボ払いを債務整理するとどうなるのか解説します。

リボ払いとは何なのか?

リボ払いと書いてある黒板

まず、クレジットカードのショッピング枠におけるリボ払いとは、どのようなものなのか解説します。

リボ払いは通常のカード払いと何が違うのか?

通常、クレジットカードのショッピング枠を利用して買い物をした場合には、その月に使った合計金額を支払います。そのため、毎月の返済額は変動するのが普通です。

もちろん、一括払いだけでなく分割払いの場合もありますが、毎月の返済額が変動することに変わりありません。

いっぽう、クレジットカードのショッピング枠のリボ払いで買い物をした場合には、あらかじめ決めた一定金額を返済額に設定するため、毎月の返済額が一定になります。

たとえば、毎月の返済額を1万円にした場合には、その月にいくら買い物をしたとしても1万円しか返済しなくてよいのです。

ただし、リボ払いの種類によっては、利用金額に応じて返済額が若干変動するタイプもあります。

リボ払いの種類

リボ払いは、

  • 定額方式
  • 残高スライド方式
  • 定率方式

の大きく3種類に分かれます。

「定額方式」とは、クレジットカードの利用残高に関係なく、毎月一定金額を返済する方式です。

次に、「残高スライド方式」ですが、クレジットカードのリボ払い利用残高に応じて、毎月の返済額が変動する方式となっています。

「定率方式」とは、リボ払いの利用残高に一定の割合をかけた金額を返済する方式です。

ただし、実際のリボ払いでは、上記の支払い方式を組み合わせたものが多くなっています。

リボ払いのメリット

リボ払いのメリットは、なんといっても月々の返済額が変わらないことです。

リボ払いでは、高額な商品を購入した場合でも毎月の返済額がほとんど変わらないので、計画的な返済ができるようになります。

いっぽう、一括払いや分割払いの場合には、購入金額が大きくなるとその分毎月の返済額も大きくなってしまうのです。

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリットは、毎月の返済額が変わらないため借金をしているという感覚が薄れ、利用頻度が増えてしまう点です。

そのため、いつの間にか借金が膨れ上がり、返済不能になっていたというケースもよくあります。

クレジットカードの金利は、

キャッシング:15%~18%/年

ショッピング:10%~15%/年

程度になっていることが一般的です。

たとえば、リボ払いによる借金が100万円(年利15%)あった場合には、1年で利息が15万円ということになります。

そのため、毎月1万円支払ったとしても「15万円 ―12万円 =3万円」ということになるため、借金の元本を返済するどころか借金が増える結果になるわけです。

したがって、このペースで返済していても借金はいつまでたっても完済できず、利息だけをずっと払い続けることになります。

よって、完済できたとしても、莫大な利息を支払うことになるのです。

このように、リボ払いには、知らない間に利用残高が多くなって返済が困難になるというデメリットがあります。

そのため、リボ払いを利用する際には、こうしたデメリットにも注意する必要があるのです。

クレジットカード・ショッピング枠のリボ払いは債務整理可能か

クレジットカードで買い物

完済できる見込みがなくなったリボ払いの借金を、債務整理で解決できるのか説明します。

債務整理とは

債務整理とは、借金問題を法的に解決するために国が作った制度で、誰にでも利用できます。

債務整理の手続きは、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」などが一般的です。

債務整理することで、借金の減額や返済負担の軽減といったメリットが受けられます。

リボ払いの借金は債務整理できるのか?

リボ払いを含む、クレジットカードのショッピング枠は債務整理することが可能です。

なお、リボ払いの借金の債務整理には、任意整理がおすすめです。

任意整理は裁判所を介さない手続きのため、素早く簡単に実施できることや、毎月の返済負担を軽減するメリットがあります。

クレジットカード・ショッピング枠のリボ払いを債務整理するメリット

矢印とお金

リボ払いの借金を債務整理するメリットを、手続きごとに紹介します。

リボ払いの借金を任意整理するメリット

任意整理とは、カード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)に任意の交渉に応じてもらい、将来的に発生する利息や遅延損害金のカットや、3年~5年の分割払いにしてもらえるよう合意する債務整理です。

よって、任意整理するとリボ払いで将来的に発生する利息がカットされるため、これ以降は高額な利息を支払う必要がなくなります。

たとえば、先程の事例では年間15万円の利息が発生していましたが、それを支払う必要がなくなります。

したがって、借金の元本だけを返済すればOKになるため、完済までの目途が立ちやすくなるわけです。

次に、任意整理すると3年~5年の分割払いで合意するケースが多いので、100万円の借金を3年間(36回払い)で返済しようとする場合には、

借金額:100万円

毎月の返済額:約27,778円

利息:0円

となります。いっぽう、5年返済(60回払い)の場合には、

借金額:100万円

毎月の返済額:約16,667円

利息:0円

となり、どちらの場合でも、平均的な収入がある人(400~450万円)であれば、無理なく返済していける金額といえるでしょう。

リボ払いの借金を個人再生するメリット

個人再生とは、裁判所に申立てすることで借金を1/5~1/10程度まで減額してもらい、残りを原則3年間で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理です。

リボ払いの借金を個人再生すると、借金額に応じて最大で以下の金額まで減額してもらえる可能性があります。

100万円~499万円⇒100万円

500万円~1,499万円⇒借金額の1/5

1,500万円~2,999万円⇒300万円

3,000万円~4,999万円⇒借金額の1/10

(上記は住宅ローンを除いた金額)

たとえば、リボ払いの借金が300万円あった場合には、100万円まで減額してもらえるため、

毎月約27,778円を3年間返済できれば完済扱いにしてもらえる可能性があるのです。

このように、リボ払いの借金を個人再生すると、大幅に減額してもらえる点がメリットになります。

ただし、上記を見てもらうと分かるのですが、個人再生では100万円以下の借金は減額してもらえません。

そのため、リボ払いの借金が100万円以下の場合は、個人再生するメリットがほとんどありません。

そのため、リボ払いのみの借金が数百万円ある場合や、リボ払い以外の借金と合計で数百万円になる場合でければ個人再生してもあまり意味がないといえるでしょう。

リボ払いの借金を自己破産するメリット

自己破産とは、「破産(手持ちの財産を処分しカード会社に分配する手続き)」と「免責(借金を帳消しにしてもらう手続き)」という2つの手続きを同時に行う債務整理です。

つまり、財産を失う代わりに、借金をチャラにしてもらえる債務整理といえます。

リボ払いの借金を自己破産すると借金はゼロになりますが、裁判所に免責を認めてもらうためには「借金の返済不能」と判断される必要があります。

そのため、サラリーマンなど定期的な収入がある人の場合には、免責を認めてもらえる可能性は非常に低いでしょう。

しかし、無職の人や専業主婦の人であれば、免責が認められる可能性も高くなります。

クレジットカード・ショッピング枠のリボ払いを債務整理するデメリット

落ち込む人形

債務整理にはメリットだけではなく、デメリットもあります。

代表的なものを紹介しておきますので、債務整理を検討する場合は認識しておきましょう。

ブラックリストに載る

債務整理すると信用情報(カード会社と顧客の取引履歴や債務整理の事故情報が登録されたもの)に事故情報として登録され、5年~10年程度の期間、カード会社から新たな借入ができない状態になり、俗に言う「ブラックリストに載る」状況になります。

ブラックリストに載ると、次のようなデメリットが発生するため注意が必要です。

  • クレジットカードの新規発行や利用ができなくなる
  • ローンが組めなくなる(住宅ローンや自動車ローンなど)
  • 分割払い、リボ払いなどができなくなる
  • キャッシングできなくなる
  • ローンや奨学金の保証人になれなくなる

なお、ブラックリストに載る期間は、手続きごとに異なり

任意整理:5年程度の期間

個人再生:5年~10年程度の期間

自己破産:5年~10年程度の期間

となっています。

ただし、上記期間を過ぎれば信用情報から任意整理の事故情報が抹消されるため、再びカード会社からの借入ができるようになります。

よって、ブラックリストのデメリットを被る期間をできるだけ短くするという点からも、リボ払いの債務整理には任意整理がおすすめといえるのです。

リボ払いは過払い金請求できない

過払い金とは、簡単に言うと「カード会社に払い過ぎた利息」のことです。

また、過払い金をカード会社に請求する行為を「過払い金請求」と呼びます。

ただし、過払い金が発生する条件は、法定上限金利である年利20%を超える利息で貸し出しを行っていた場合に限ります。

そのため、クレジットカードのショッピング枠の金利は10~15%で法定金利となるため、過払い金は発生しません。

したがって、リボ払いの借金には過払い金は発生しないため、過払い金請求もできないことになるのです。

債務整理の対象になったカード会社のクレジットカード

先ほど、5年~10年程度の期間が経過し、信用情報から事故情報が抹消されれば再びカード会社から借入ができるようになるため、クレジットカードの新規発行や利用ができると説明しました。

しかし、債務整理の対象になったカード会社のクレジットカードは例外で、半永久的に利用できない可能性が高いでしょう。

なぜなら、あなたが債務整理したという情報は、「社内ブラック」として記録され、カード会社に半永久的に残ることになるからです。

社内ブラックとは、カード会社が独自に管理する情報になります。そのため、すべてのカード会社が保有しているわけではありません。

さらに、社内ブラックの情報はカード会社のグループ会社にも共有されるため、そちらからの借入やクレジットカードの発行もできなくなるため注意が必要です。

なお、クレジットカードが使えないと困るという人は、家族カードやデビットカードといったクレジットカードの代わりになるサービスを利用することもできます。

しかし、債務整理後は、できるだけクレジットカードに頼らないライフスタイルに改善していくようにしましょう。

リボ払いでも債務整理できる?まとめ

本と虫眼鏡
  • リボ払いの借金を債務整理することは可能
  • リボ払いの借金を任意整理すると、将来的に発生する利息のカットと3年~5年の分割払いによって、返済の負担が大きく下がるというメリットがある
  • リボ払いの借金を個人再生すると借金額が大幅に減るが、100万円以下の借金の場合にはほとんど意味がないので注意が必要
  • リボ払いの借金を自己破産できれば借金はゼロになるが、普通に収入がある人にとってはハードルが高い

債務整理のことなら【三重】債務整理相談室にお任せを!

電話相談を受ける女性

お電話でのお問合せはこちら

0120-265-012
受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時
※12月31日~1月3日は除く。また,大型連休中の休業や臨時休業もございますので,詳細は心グループニュースをご覧ください。

無料相談はお電話・メールにて予約を承っております。上記よりご希望の方法をご選択ください。
メールでお問合せは24時間受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

債務整理の無料相談はこちら

お金に困る女性

電話でカードのお問合せ

0120-265-012

◆受付時間
平日:9時~21時
土日祝:9時~18時

メールでのお問合せは24時間受付中

Menu

運営事務所

津駅相談室

弁護士法人心 津法律事務所
〒514-0009
三重県津市羽所町345 津駅前第一ビル5F(
津駅東口徒歩30秒)

四日市相談室

弁護士法人心 四日市法律事務所
〒510-0075
三重県四日市市安島1-2-29 MIZUTANIビル3F(近鉄四日市駅西出口徒歩1分)

松阪駅相談室

弁護士法人心 松阪法律事務所
〒515-0017
三重県松阪市京町508-1 101ビル4F(松阪駅南口徒歩1分)

お問い合わせ
0120-265-012